pamulonの宇宙と小話

宇宙や神様との小話をポツポツと書いています。

スピリチュアル学習室 18

[今日のヒント]

心は繋がっている

 

私は一人ぼっち
皆と別の世界を生きている

そんな風に思うことがあるかもしれません
しかし、心の底ではたくさんの人と繋がっています

時に人と繋がっていることが苦しくもなり救いともなるでしょう

人は苦しいと自分の世界に入り、嬉しいと外の世界に入り込みやすいです

悲しみや寂しさは自分だけのように感じることが多いのですが、本来は皆同じように手にしていると考えるべきなのです

それほど、人と人の想いというのは同調しやすいとお伝えしたらわかりやすいでしょうか?

では、同調することで苦しくなるならどうしたら良いのでしょう

それは心を落ち着けて
空を見上げて
空気を感じて
木々の色を見て
花の咲く様をゆっくりとみつめ
鳥の声を聞き
川の音を聴く

すべては自然と一体になること
すべては地球と一体になること

そんなことを意識してみてください

スピリチュアル学習室 17

[今日のヒント]

疲れたら休もう

 

疲れたのなら休みましょう
1日休んだところで大変なことなど起きません

1日ゆっくりして身体が元気になるならその方が何倍も良いことに繋がります

頑張ることが素敵だと思われていた時はそれが正しいことでした

しかし、頑張っても頑張ることしか起きないことが分かった今は頑張ることを無理にすることは避けなければなりません

無理にすることが良くないのです
無理は無理をする現実世界をつくりだします

宇宙の法則で、自分の思考が今の現実を作っていくという法則があります

そういった世界を引き寄せる、引き寄せの法則も付随しています

上手くしようとすると、上手くしようとしなければいけない現実が次々と目の前に現れます

心と身体を緩めて、心地よく過ごそうとするとそのような現実が目の前に現れます

心と身体をねぎらうこと
それがなによりも大切なことではないでしょうか?

スピリチュアル学習室 16

[今日のヒント]

出来ることとやれることは違っていい

 

出来ることとやれることは違って当たり前なのです

出来ると思うことはやってみたいこと
やれると思うことはちょっと頑張れば出来ることなのです

だからできないことは悪いことではないのです
できないのに頑張ることはよくない事なのです

そのちょっとの頑張りをずっとやりたいのならやってみたらいいのです

ちょっとの頑張りもしんどくなったら辞めて良いのです

辞めてみることは良くない事のように思うかもしれません

しかし、よく見て欲しいのです
あなたが辞めてもあなたの心が変化しただけで、周りの人はいつも通りに過ごしているハズです

その時に感じる疎外感や独りぼっちになったような感覚は不安というものではありません

不安という言葉としてみるか
良きこととしてみるか
どちらを選ぶかでその先が変わってきます

良きことと受け止められるなら、今まで疎外感や不安だと思っていたことが自分にとって良い距離感だと気づくハズです

あなたという人を守る光の壁なのだと気づくのです

その光の壁をどうするのか?
それはあなたが決めるのです

誰かに決めてもらうものではないのです

自分で自分の人生を見つめる

今はそんな体験をする人が多い時かもしれません

スピリチュアル学習室 15

[今日のヒント]

 

心の豊かさはすべての豊かさにつながる

 

心が豊かであればすべてが豊かなのです
このことを知っている人はいつも笑顔溢れる日々を送る事でしょう

しかし、知らぬのなら悩みが多く心が苦しい日々を送る事が多くなるかもしれません

心の豊かさというのは目に見えぬものなのです
見えるものには物としての豊かさがあるとお伝えしたら分かりやすいのかも知れません

心の豊かさは自分で作り出すものなのです

誰の手を借りても作ることは難しいのです

心というのは見えぬからこそ
良き光にもなり悪しき光にもなります

あなたの心はあなたしか輝かせることは出来ぬのです

覚醒するのが素晴らしいとか、心の中にある負の感情を無くすのが良いという心の活かし方が今は良き物と捉えられています。

それで心が豊かなら良いのです
豊かでないと思うのなら、少しずつなくしてゆかれた方が心の輝きが増えるのかもしれません

また、心はどんな時に豊かになるかというと自分らしくいる時に豊かになるとお伝えしたら分かりやすいかと思います

自分らしくは難しく考えずに自分として生きればそれで良いのです

難しいことには難しい現実がついてきます
難しいと思うことで自分の心と対話していると思ってほしいと思います

スピリチュアル学習室 14

[今日のヒント]

 

小さな気づきが大きな変化を生み出す

 

小さなことが重なって悪いことが起きるように
小さなことが重なって大きな変化を生み出すことがあります

小さな変化はたいしたことがないように見えるかもしれません

しかし、大きな変化のあとにあなたは気づくはずです

あの時のあの行動が今に繋がっているんだと…

小さな行動でも、自分が心地よく感じることができるのならそれは正解なのです

そこに否定や不安を招き入れると心がしぼんでいきます

否定も不安も心が体験してみたいのです

自分はこれでいいのか?
自問自答してみたいのです

では、存分にして差し上げましょう
存分にしたのなら、もうその感覚は学んだこと

その次からはその自問自答はいらないのです

そうやって、少しずつ否定や不安の心を受け入れてあげてください

スピリチュアル学習室 13

[今日のヒント]

 

今はとにかく休憩しましょう

 

色々なことが目まぐるしく変わって
人との距離も変わって

あの時はこうだった
あの時はこんなことができてたのに…

この感覚は何かに似ていませんか?
そう、不足感ですね

不足しているところに目を向けると不足する世界が目の前に広がります

不足よりも今あなたの手の中にあること
あなたの日々の生活で変わらぬこと

その小さなことに目を向けましょう

あなたが生きていること
あなたが幸せと感じること
あなたの日常
あなたの時間

そこには、自分という人間がいます
ただそれだけだけれども、それはとても素晴らしいことです

今日も健康で生きている
今日も心と身体を休める時間がとれる

それ以上の幸せはないのです

そんなあるという物事に目を向けた時

不安が和らぎ
心が落ち着き
自分のことをほんの少し理解する

そんなことができるようになってくるかもしれません

今日は自然と一体になって過ごすことをイメージしてみてください

イメージすることは、とても素敵なあなただけの世界です

スピリチュアル学習室 12

[今日のヒント]

 

何もないという感情を大切に

 

何もない
何も書きたくない

その感情も大切にすることが大事です

何もないのに、何かあると探しに行ったり

何もないのにあると思い込んだり

これは人間関係にも言えることです
何もしてないのに何かされた
何か原因があったのだろうか?
私が悪いのか?
それともあの時のこれが…

何?から始まる無限ループです

何か?を考えることよりもそれは何かという物なんだと捉えること

シンプルにそのまま受け止めること
そこに感情は載せないこと

そんなことに気をつけてみたらきっと悩みも減っていくでしょう
相手の気持ちを考えることは難しいことです
むしろ相手の心情を思い、考えることが無理なことなのです

人の心などその人にしか分からぬこと
分からぬのなら分かろうとしなくて良いのです

分からぬのだから

分かったところで何も変わりません

分かろうとすることを減らすと心のゆとりが生まれます